彼シャツは危険がいっぱい

(2人でベッドで寝ている)

ん…。

(あくび)ふぁ…。
おはよ。

ん?

んー……まだ眠い…。

ヤダ。
起きる。

起きるけど……眠い…。

(彼女を抱きしめる)

昨日はごめんね。
がんばりすぎて、無理させたから。
久しぶりに会えて、嬉しくてやりすぎちゃった…。

体、平気?
痛いところ、ない?

そっか。
なら、よかった。

ん?
…もうちょっとしたら、顔洗いに行く。

今はまだベッドでゴロゴロしたい。
眠いもん…。

(駄々こねる感じで)ん゛ん゛ー。
…分かったよぉ…。

顔、洗ってくる。

でも、その前にね…。
俺のシャツ着てるとこ、見せて。
ちゃんと見たい。  

……ふぅーん。
ぶかぶかで、見えそうで見えない感じがエッチくていいね。
(襟元えりもと)とか…ね…。

すっごくかわいいから、そのまま着ててもいいんだけど。
これ着たいから、返して?

君が着てると、服がないの。
クローゼットから出せばいいんだけど、めんどくさいじゃん?
パンツ1枚でウロウロするわけにもいかないし…。

だから、返してほしいなぁって。

困っちゃうの?
なんで?

ふふ。
ごめんね。
意地悪しちゃった。

着替えないの、知ってたよ。
甘えたら脱いでくれるかなぁって思って。

痛い、痛いよっ!
ごめんってば!

…今みたいな意地悪、もうしないから。
許して?

ん。
ごめんなさい。

ちなみに、君の着替えなら寝る前に、枕元に置いといたよ。
ほら、そこんとこ。

置いただけにしてないって。
ちゃんと声掛けたし。

「ここに置いとくね」って言ったら『分かった』って言ったじゃん。
覚えてないの?

半分夢の世界に入ってたっぽいから、無意識に答えてたのかもね。

そういえば、下着は?
用意してなかったなぁ、って今思い出した。

履いてるの?

ほんとに履いてるの?

…どれどれ。
やっぱり確認しないとね…。

(布団の中で彼女を触る)

…嘘つき。
履いてないじゃん。
指、引っかからないもん。

ってか、俺のTシャツ、でかすぎだね。
脱がすの、簡単そう。

ね?
そう思わない?

…俺の質問、聞いてた?
聞いてたなら、ちゃんと答えて。

ふふ。
耳真っ赤なんだけど…何、想像してるの?

もしかして、朝からヤられちゃうと思った?
ちょっとは期待しちゃった?

(耳元で)エッチぃ。

そんな風に全否定したら『期待してました!』って言ってるようなもんだよ。

違うの?
それは、それで悲しいなぁ…。

だって、俺を必要としてくれてないってことでしょ?

そんなことない?
ほんとに?

…ありがと。

(触れるだけのリップ音)

ねぇ……昨日の続きしよ?
今から。

えぇー!?
ヤダって言わないでよ。

続きしてもいいから、俺の服着てたんでしょ?
俺のこと誘うために。

あっ…脱いじゃうんだ…。

(笑いながら)俺の目の前で脱ぐとか…。
(雄っぽさ全開で)朝っぱらから煽りすぎ。

(眠気ねむけ)
どっか行っちゃった。

ってか、ここまで煽られたら、たとえ眠くても寝てられないって。
()(膳食ぜんく)わぬは、なんとやら…って言うじゃん。

あれ?
そういうつもりじゃなかったの?

てっきり君から仕掛けてきたから、そうなんだと思ってた…。

まぁ、いっか。
せっかくだし、おなかいっぱいになるまで、食べよっかな。

ヤダ。
待たない。
待ってたら、『してもいい』って思った君の気持ちが冷めちゃうかもしれないでしょ。

今のうちに…いただきます。

(濃厚なリップ音)※キスのままフェードアウトしてください。