Zakuro
voice:Zakuro
ぐにゃー
voice:ぐにゃー

年下男子、自分の家の鍵をなくしたお姉さんをベッドで寝かせる

あれ?
もうお風呂から出たの?
もっとゆっくりしてもよかったのに…。

おっ!
着替えもピッタリだね。
似合ってる。

(小声で)よかった…。
処分しなくて…。

ん?
何も言ってない。

俺もパパッとお風呂入ってこよっかな。
ドライヤーとか、そこに出しといたから。
好きに使ってくれていいよ。

ちょっと行ってくるね。

(少し間を開ける)

ふぅ…。
さっぱりしたー!

さてと…夜遅いし、そろそろ寝よっか。

お姉さんはベッド使って。
俺は床で寝るから。

いいって。
俺のことは気にしないで。
床で寝るとは言っても、予備の布団で寝るし。
お客さんであるお姉さんを床で寝かせるわけにはいかないでしょ。

はぁ!?
『一緒に寝れば』って、このベッドで?

このベッド、シングルだよ?
大人2人で寝るには小さすぎるって。

ほんとに俺は大丈夫だから。
お姉さんがベッドで寝て。

う゛っ…。
確かに連日のバイトで疲れてるって言ったけど、それとこれとは話が別なの。

一緒に寝たら、たぶん俺の理性弾け飛んじゃうって。
何もしないって約束、守れなくなっちゃう。

…お姉さん。
俺怒るよ?

俺のこと、ちゃんと認めてくれたことは素直に嬉しいよ。
だからって、恩を返すために、自分の体を売るようなことはしないで。
俺だからいいようなものの、他の男だったらもうエッチぃことされてるよ?
分かってるの?

俺はしないって言ったら、絶対しない。
せっかく信じてもらったのに、裏切るようなことはしたくないからね。

どうしても、恩を返したいの?
んー……じゃぁさ、お姉さん、料理作れる?

それなら、明日、お姉さんの料理食べさせてよ。
今夜泊めた恩はお姉さんの手作り料理と引き換えってことで。

どう?

決まりっ!
そうだなぁ…。
食べたい物かぁ…。

……味噌汁。
具がたくさん入った味噌汁が食べたい。

嫌いな食べ物?
ないよ。
何でも好き。

えへへ。
もっと褒めて。

まさか、この歳になって、好き嫌いがないってだけで褒められるなんて思ってもみなかった。
だから、すっごく嬉しい。

あぁ、明日が楽しみだなぁ。
なんだかワクワクしてきた。

こんな気分になるの久しぶりかも。

だって、お姉さんの作った料理が食べられるんだよ。
楽しみにしないわけないじゃん。

たかが味噌汁だけど、されど味噌汁なの。
簡単だからこそ難しいって思わない?
味が誤魔化せないから。

ん?
もう1つ聞きたいこと?

いいよ。
俺に答えられることなら。

ちょっ……やめてよっ!
(誰彼だれかれ)構わず、家に連れてくるわけないでしょ。
家につれてきたのは、お姉さんが初めて。

なんで声掛けたのかは、今でも分かんない。
ちょうどバイト終わって帰ってる時に、ふと視界にお姉さんがいて…。
気付いた時には声掛けてた。

……女の人と話すの、苦手なはずなのに…。
おかしいなぁ…。

慣れてると思った!?
バカ言わないで。

ナンパとか初めてしたし…。
今だって、すっごくドキドキしてるんだから。

嘘じゃないって。
ちょっと手貸して。

…ほらね。
めちゃくちゃドキドキしてるでしょ。
今まで周りにいたのは男ばっかだったから、女の人と、どう接していいのか分かんないんだよ。

彼女?
一度もいないよ。
彼女いない歴=年齢ってやつ。
友達にはすっごいバカにされるけどね。

”好き”って感情がイマイチ分かんないんだ。
友情の”好き”は分かるけど、恋愛の”好き”が、ね…。

そんなこと考えないで、適当に彼女作れって友達には言われるけど、それって不誠実すぎない?
相手の気持ちをちゃんと受け止めてない感じでさ…。
そういうことしたくなくて…。
彼女いない歴更新中って感じ。

そういうお姉さんは彼氏さん、いないの?

…フラれちゃったんだ。
ごめん。
傷口(えぐ)るようなこと聞いて…。

でもさ、その元彼さんも見る目ないよね。
こんなに素敵な人をフっちゃうなんてさ。

ほんとに素敵だと思うよ。
メイクしてる時は綺麗だけど、スッピンはかわいいし。
優しいし、いい匂いするし、料理できるし。
お姉さんみたいな人が彼女だったら、俺、絶対自慢するっ!

嘘でも、お世辞でもないよ!
ほんとに!
マジで!

『見ろ!俺の彼女、かわいいだろう!』ってね。

ふふ。
でっかいあくび。

もうこんな時間か…。
そろそろ、ほんとに寝ないとね。
話すのはまた明日でもできるし。

俺のことは気にしないで。
お布団、入って。

電気消すよ。

(消灯する)

…おやすみ。
いい夢見てね。