【女性向け】三日月【ASMR】
voice:【女性向け】三日月【ASMR】

虫歯ができた彼女の歯を治療する歯科医の彼氏

お待たせ!
遅くなってごめんね。
クリニック、すぐそこだから。
行こうか。

【足音 二人分】

君って、前に歯医者に行ったのっていつ?

小学生の頃ってことは、10年以上行ってないってこと?

その時はどうして歯医者に行ったの?
虫歯なんだ。
じゃぁ、久々の虫歯治療なんだね。

(笑いを堪えながら)
治療に対して、なんだかトラウマがありそうな顔だね。
すごいしぶい顔してるよ。

ほら、着いた。
裏口はこっちだよ。

【ドアの開閉音】

靴は端の方に置いておけばいいよ。
スリッパ履いたら、まずはレントゲンね。

今の君の歯の状態、知りたいから撮らせてね。
これからは俺が君の歯の主治医なんだから。
ちゃんと患者の歯の状態は知っておかなくちゃ。

はい、レントゲン室に到着。
まずは、ちょっと重いけど、なまりのエプロン付けてね。
体幹たいかんまで被曝ひばくしないようにするためだから。
ちょっとの辛抱だから我慢してね。
じゃぁ、撮るからそのまま動かないでね。

(少し間を開ける)

はい、終わったよ。
お疲れ様。
エプロン取るね。

次は診察室ね。
こっちだよ。

スリッパ脱いで、椅子に腰かけてね。
服が汚れないようにエプロンするね。
首周り、苦しくない?
じゃぁ、少し待ってて。

(少し間を開ける)

お待たせ。
このモニター見て。
さっき撮ったレントゲンなんだけど。
レントゲンで見る限り、異常はなさそうだね。

…親知らずも残ってるんだね。
これが親知らずね。
すぐ取っちゃう?
それとも、まだ痛くないなら、今はそのまま残しとく?

じゃぁ、痛くなったら取ろうね。
でも、今回みたいに痛いの我慢したら怒るからね?

(話を切り替える感じで)
それじゃ、口の中見るから、椅子倒すね。

はい、口開いて。

…やっぱり虫歯だね。
でも、大丈夫だよ。
俺がちゃんと綺麗に治療してあげるから。

今から歯を削るけど、痛かったら左手 げてね。

【歯を削る音】

痛かった?
もう少しで削るの終わるから、ちょっと我慢してね。

【歯を削る音】

はい。削るの、おしまい。
一回椅子起こすから、口ゆすいでね。

…何か怒ってる?
『痛かったから左手挙げたのにめてくれなかった』って?
確かに『痛かったら左手 げて』とは言ったけど、『めてあげる』とは一言も言ってないよ。

『あの時もそうだった』って、ここ来る前に言ってた子供の頃の話?
感覚なんて人それぞれ違うから、教えてもらわないと分からないからね。
まぁ、痛いのを教えてもらってもめることはしないけど。

にらみつけても、放置した自分が悪いんだから、仕方ないでしょ。
口ゆすいで終わった?
椅子、倒すよ。

次からは痛くないから。
削った所を詰めて、整えていくだけだから。

もう痛いことしないから睨まないでよ。

嘘じゃない。
絶対痛くないから。
約束する。

…もし、痛いことしたら、君の言うこと何でも聞くから。
それで、どう?

じゃぁ、続きしていくね。

(間を開ける)

お疲れ様でした。
終わったよ。
痛かったのに、よくがんばったね。
えらい。えらい。

虫歯になってた所は全部削って、綺麗に埋めたから、もう痛くないと思うよ。
これで今夜からまたアイスが食べられるね。

おっと、もうこんな時間だ。
午後の診療始まっちゃう。
待ち合わせ場所まで送るね。

ん?治療費?
それはあとで俺が払っておくから君は気にしなくていいよ。

気にしちゃうなら、俺のお願い、聞いて。

今夜は俺の好物、いっぱい作ってほしいな。
唐揚げとかハンバーグとか…。
午後の診療めちゃくちゃがんばって、仕事早く終わらせて家に帰るから。

それで、ご飯食べたあとは、いっぱいイチャイチャしたい。
最近君とイチャイチャできてなくて、俺の中の君が不足してるんだよ…。

ね?
これじゃ、ダメ?

やった~!
約束だよ?

今夜は一緒にアイス、食べようね。