みたらしうにに【女性向けボイスch】
voice:みたらしうにに【女性向けボイスch】
千歳
voice:千歳
けいとvoice_ch
voice:けいとvoice_ch

彼女が髪型を変えない理由を聞いて嫉妬でいじめちゃう美容師彼氏

ねぇ、ねぇ。
さっきからずっとスマホ見てるけど、何見てるの?

『ヘアカタログ』?

珍しいね。
君がそんなの見てるなんて…。
髪型変えたいの?

そっか…。

でも、言われてみれば、俺と出会ってから髪色はたまに変えても、髪型はほとんど変わってないよね。
今の髪型似合ってるし、俺の好みでもあるから無理してまで変える必要はないけどさ…。

変えない理由みたいなの、あるの?

…あれ?
もしかして、俺、地雷踏み抜いちゃった?

違うなら、急に黙らないでよ。
不安になったじゃん。

怒る?
俺が?
ただ理由聞くだけなのに?

なんか(意味深いみしん)…。
内容によっては、怒るかも…。

ヤダ!ヤダ!
話してよ。
怒らないって約束するから。

うん。
絶対怒らない。

(相槌数回打つ)

(※ 以下、静かに怒った感じで)

へぇー。
元彼が似合うって褒めてくれてから、ずっと髪型変えてないんだ。

それって、どれくらい?

…ふぅーん。
そう…。

ん?
全然怒ってないよ。
さっき約束したばっかじゃん。

俺の目見て。
怒ってるように見える?

(いきなり彼女にキスする)

…ごめん、ごめん。
いきなりキスして。

「なんかキスしたいなー」って思ったら、体が動いてた。

だから、怒ってないよ。
髪型変えてない理由ではね。

俺が怒ってるのは、俺の前でほかの男の名前を出したこと。
そこに怒ってるだけ。

元彼のこと、そんなに忘れられない?
俺と付き合ってるのに…。

『そんなことない』って言うなら、なんで元彼の名前出したの?
忘れられてない証拠じゃん。

許してほしいの?

どうしても許してほしいの?

じゃぁ、君からキスしてきて。
ごめんなさいって気持ちを込めて。

(彼女からキスをしてくる)

…違うでしょ?
そうじゃないって、いつも言ってるじゃん。

キスは、こう…。

(濃厚なリップ音)

(キスをしながら)『もう二度と元彼の名前を言いません』って言って。

言えなくない。
言える。

言わないと、ずっとこのままだよ?
それでもいいの?

(濃厚なリップ音)※ 長めにお願いします。

よく言えました。

ん?
怖かった?
俺が?

それは、ごめん。

ほんとはここまでやるつもりなかったんだよ。
「コラ!」って、ちょっと()らしめるくらいのつもりだったんだけど…。
なんか自分の中でもっといじめたい衝動に()られちゃって…。

だって、どんどんイイ顔になっていくんだもん。
仕方なくない?

だとしても、ちょっとやりすぎだった…。
ほんとに、ごめん。

だけど、もう少し付き合って。
嫉妬してないわけじゃないから。
君の1番が俺だって、証明できるまで、とことん付き合ってもらうね。

へ・ん・じ。

ん。
いい子。

じゃぁ、さっきの続きしよ。
キスの続き。
ね?

(濃厚なリップ音)※ キスしたままフェードアウトしてください。