みかんを「あーん」したら変なスイッチが入っちゃった犬系彼氏

(寝起きっぽく)ん…。
…おはよ…。

ごめん。
寝てた…。

コタツって、ついつい寝ちゃうよね。
寝ないようにしてても。

(背伸びしてる感じで)ん゛ん゛…。

あっ!
みかん。
いいなぁ。

それ、甘い?

ほんとに?

じゃぁ、俺も食べたい。

『ん。』じゃなくて、()いて『あーん』してよ。

…ヤダ。
()いて。
寝起きで頭働いてないから上手に()けないもん。

おーねーがーいー!
()いて。

…やった!

えっ……ちょっと待って…。
白い筋も取ってよ。

だって、これ、おいしくないじゃん。
口の中でモサモサしてさ…。
なんか邪魔なんだもん。

ヤダ!
白い筋も取って!

どうせ子供ですよぉー。
イヤなものはイヤなんだもん。

ん。
ありがと。

…あーん。

ん?
これ、全然甘くないんだけど…。
ほんとに甘い?

じゃぁ、もう1個ちょうだい。

…あーん。

…うん。
やっぱり甘くない…。

ごめんっ!
ごめんなさいっ!

もう文句言わないから。
ちゃんと食べるから。
()いてあげない』とか言わないで。

…だって、ほんとに甘く感じなかったんだもん。

子供の頃からなんだけどさ、果物食べてて、人が甘いって言ったヤツを甘いと思ったことないんだよね。
大して甘くなかったり、酸っぱかったり…。

さっきは、君がすっごくおいしそうに食べてたから、食べてみたくなっただけ。
ただそれだけだよ。

あと何個残ってるの?
みかん。

ふぅーん。
じゃぁ、俺もちょっとだけ貰ってもいい?

寒くなってきたし、ビタミン()って体調整えよっかなって思ってね。
風邪とかインフルエンザとか、かかりたくないもん。

こう見えて、少しは健康のことも考えてるんだよ。

『本音』…?

…コタツで寝てたから、喉渇いてて…。
水取りに行くのめんどくさいし、みかんで水分補給したい。

いいじゃん。
ビタミン()りつつ、水分補給したって…。

(話を切り替える感じで)グダグダ言ってないで、そっちの新しいの()いて。
俺は君が()いてくれてたの、食べさせあげる。

さっきしてもらったから、そのお礼。

…ダメ?

ふふ。
決まりっ!

はい。
あーん。

…おいしい?

じゃぁ、もう1回。
あーん。

ん?
ペース早い?

そうかな?
普通だって。

ほら、次いくよ。
あーん。

あーぁ……口から汁が(こぼ)れてる…。

(彼女の口元を舐める)

…あっま…。
さっきの甘くないやつとは思えないくらい甘い。

ほんとに同じみかん?
もうちょっと味見させて。

(濃厚なリップ音)

ヤバ…。
君が食べてるみかん、すっごくおいしく感じるんだけど…。

こんなの初めて…。

最後の1つ、食べちゃおうね。

はい。
あーん。

(濃厚なリップ音)

…やっぱりおいしい。

君が()いたのも、貸して。
全部食べさせてあげる。

すぐに俺が横取りしちゃうけどね。

ダーメ。
もう止まれるわけないじゃん。

こんなおいしいの、もっともっと食べたい…。

悪いけど、今から少し時間もらうね。
少しで()むか分かんないけど…。

君も、みかんも、丸ごと食べつくしたいから…。
お腹いっぱいになるまで…。

(濃厚なリップ音) ※ キスしたままフェードアウトしてください。