Moon Jellyfish

疲れたアナタを癒す非日常Webマガジン

北島智子厚生労働省が弟に!【経歴】エリート官僚の身内の犯行に戦慄が走る

約 4 分

厚生労働省幹部の北島智子が弟に刺され亡くなったようです。厚生労働省幹部の身内の犯行に戦慄が走りました。この姉弟の間に一体何が起こったのでしょうか?北島智子の経歴なども詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク



厚生労働省幹部の北島智子が弟に刺され死亡


事件は8月12日午前5時25分ごろ、東京都港区高輪2丁目のマンションの一室から「父がおばを刺した」と110番があったことから発覚したようです。
現場は都営地下鉄「泉岳寺駅」から北西に約200mほどの住宅街です。

通報を受けた警視庁高輪署員が現場へ駆け付けたところ厚生労働省関東信越厚生局長の北島智子(56)が腹から血を流して倒れており、病院に搬送されましたがその後、死亡が確認されたようです。
そして同署はこの部屋に住む北島智子の弟(52)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕したようです。
北島智子の弟は「私がやりました」と容疑を認めているということです。 

北島智子の経歴

出身地:東京都
趣味:スキー、旅行
愛読書:三国志(孔明のファン)
昭和61年3月 日本大学医学部卒業
昭和61年6月 埼玉県入庁
昭和63年7月 厚生省入省
平成3年7月 厚生省大臣官房統計情報部衛生統計課課長補佐
平成4年7月 文部省体育局学校健康教育課専門員
平成6年7月 山梨県厚生部健康増進課長
平成9年4月 厚生省児童家庭局母子保健課課長補佐
平成11年8月 青森県健康福祉部次長
平成13年4月 青森県健康福祉部長
平成14年4月 厚生労働省医政局指導課医療計画推進指導官
平成16年7月 厚生労働省医政局総務課医療安全推進官(医療安全推進室長兼職)
平成17年8月 厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課新開発食品保健対策長
平成18年9月 国立感染症研究所企画調整主幹
平成20年7月 国立国際医療センター国際医療協力局長
平成22年4月 独立行政法人国立国際医療研究センター国際医療協力部長
平成23年4月 新潟県副知事
平成25年 厚生労働省障害保健福祉部精神・障害保健課長
平成26年 環境省総合環境政策局環境保健部長
平成29年7月 現職

経歴を見ても凄いエリートですよね。まさにエリート官僚といった感じです。
そんなエリートの北島智子ですが厚生労働省に入省当時は残業が多いところに配属されたようで毎日の睡眠時間が3-4時間程度であったようです。
入省した初日に夜遅くまで働いていて午前0時を過ぎた時に「今日は初日なのでもう帰っても良いですよ」と言われて絶句をしたらしく、自分には続けられないんじゃないかと思ったこともあるらしいです。
また、就職するまで東京から離れたことがなく青森や新潟に行ったのは全て単身赴任であったようで夫や単身赴任中に亡くなった親には申し訳ない気持ちもあったとのことです。

スポンサーリンク



北島智子と弟の間に一体何が起こったのか?

警察の発表によりますと逮捕された北島智子の弟は、精神科への通院歴があるということです。
病名や、病気が刑事責任能力に影響するのかどうかなどの詳細は現時点ではわかっておりませんが今のところ北島智子の弟の名前や顔写真などは公表されていないようです。
北島智子の弟には10代の子供が2人いるようで現場の住宅で一緒に暮らしていたようです。そして今回、警察に110番通報したのは長女だったということです。
北島智子は弟とは一緒に暮らしていなかったようですが弟と母親は同居していたようで北島智子は近くに住んでいたようです。
弟が体調を崩したということで12日早朝に部屋を訪れていたようです。
北島智子の弟に子供がいた以上結婚していたとは思うのおですが弟の妻がその場にいたということは今のところ報道されていないようです。
弟が親の面倒を見ていたのか、もしくは反対に親が弟の面倒を見ていたのかまだその辺りの詳細はわかっていません。
弟は職業不詳と報道ででているので親や北島智子のお金で暮らしていた可能性も考えれますね。

現在、警察は弟が北島智子を刺殺するに至った経緯と動機などについても詳しく捜査を進めているようです。

スポンサーリンク