Moon Jellyfish

疲れたアナタを癒す非日常Webマガジン

日比英晴名古屋大学教授【顔画像】長女DV逮捕!顔を十数発の呆れた動機は?

約 3 分

名古屋大学教授の日比英晴容疑者が逮捕されました。日比英晴容疑者の顔画像も判明しています。長女の顔を十数発も手を上げ2週間もの怪我をさせDVの疑いもある呆れた動機とは一体どの様なものだったのでしょうか?日比英晴容疑者のプロフィールや経歴と共に詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク



名古屋大学教授の日比英晴【顔画像】プロフィール

日比英晴の顔画像はこちらです。

日比英晴容疑者のプロフィール
名前:日比英晴(ひびひではる)
年齢:54歳
職業:名古屋大学大学院医学系研究科の教授、歯科口腔外科長
学歴:東京医科歯科大学(歯学部)
住所:名古屋市瑞穂区川澄町1丁目
出版物:口の中がわかる ビジュアル 歯科口腔科学読本

日比英晴容疑者の住所の名古屋市瑞穂区川澄町1丁目はこちらです。

日比英晴容疑者の経歴
1991年4月 – 1992年3月 東京医科歯科大学歯学部附属病院補綴科医員
1992年4月 – 1995年3月 名古屋大学医学部附属病院歯科口腔外科医員
1995年6月 – 2002年7月 名古屋大学医学部非常勤講師
2002年8月 – 2004年5月 名古屋大学大学院医学系研究科細胞情報医学専攻頭頸部感覚器外科学講座咀嚼障害制御学講師
2004年6月 – 2007年3月 名古屋大学 医学部附属病院 遺伝子・再生医療センター 再生医療プロジェクト 助教授

スポンサーリンク



長女をDVで逮捕。顔を十数発の呆れた動機は?

日比英晴容疑者は8月20日の午後9時55分ごろに自宅で同居している会社員の23歳の長女の頭部や顔面などを十数発殴り、約2週間の怪我をさせた疑いです。
長女が同日に交番に届け出たことで事件が発覚しました。
日比英晴容疑者は長女が無断で母親の実家に泊まっていたことに対して立腹し日比英晴容疑者がとがめて頭部や顔面などを十数発殴るなど手を上げることに発展しました。

日比英晴容疑者が長女に2週間もの怪我をさせた動機は一体何だったのでしょうか?
長女が無断で母親の実家に泊まっていたことに対して腹を立てるということは、日比英晴容疑者と奥さんは別居していたのではないでしょうか。
そう考えると腹が立つことは考えられなくもないですが、それでも2週間の怪我をさせるまで手を上げるこてゃ許される行為ではありません。

娘が実の父親の事を警察に届け出るという行動はよっぽどのことだと思います。
日比英晴容疑者と長女の関係は修復不可能なところまできていたのかもしれません。
もしかしたら日比英晴容疑者は日常的に長女に対して手を上げていたことも考えられます。
そして長女は日頃から日比英晴容疑者へ対する溜まっていた不満が爆発し今回警察に届け出たのではないでしょうか。

愛知県警瑞穂署のほうでも家庭内暴力(DV)などの背景がないか調べているということなので余罪を徹底的に取り調べていただきたいです。

スポンサーリンク