えあー
voice:えあー

裏切られた彼女と彼女の味方の彼氏

こーら。
まーた1人で泣いてる。

こんなところで隠れて泣くなって、いつも言ってるだろ?
つらいなら、俺に言えって。

……今日はどうした?

(相槌数回打つ)

信じてたのに、裏切られた…か…。

お前は相手のこと、信じてたんだろ?

今はどう思ってる?
もう信じられない?

そっか…。
なら、とことん信じてやればいいよ。

俺は裏切られても信じ続けることができるお前が好きだよ。

だって、信じ続けることって、すっごく難しいんだから。
それができるお前はすごいよ。

人ってわりと簡単に信じられなくなるんだよ。

……分かんない?
んー、じゃぁ、今から例え話しよっか。

俺ってさ、普段家ではあんまりスマホって(さわ)らないじゃん。
出かける時は一応持つけど、家の中じゃ自分の部屋に置きっぱなし。
それが、(肌身はだみ)離さず持つようになったら、お前ならどう思う?

『仕事忙しいのかなぁ』って…それだけ?
ほんと、お前の人を疑わない考え方、マジで好き…。

普通は浮気疑うんだよ。
『誰と連絡取ってるんだろう』って思いが、いつの間にか『浮気してるんじゃないかな?』って思いに変化する。

そういうちょっとしたことの()(かさ)ねで、いつしか相手のことを信じられなくなってる。

それをお前は裏切られたにもかかわらず、信じ続けたいって言った。
ほんと、すごいと思う。

お前のその思いは、周りの人から見れば(おろ)かなことだって、バカにされるかもしれない。
まぬけなことだって、後ろ指()されるかもしれない。

そんなの気にするなって言っても、優しいお前のことだから、どうしても気になっちゃって…。
結果的にものすごく傷ついて、今みたいに陰でこっそり泣くんだよな。

実際、そうなんだろ?
分かるよ。
お前のことなら。

だけど、『裏切られても信じていたい』って思いは(つらぬ)いてほしい。
お前が裏切られた分、誰かを強く信じてあげて。
お前が傷ついた分、誰かに思いっきり優しくしてあげて。

それは、いつかお前の強みに変わるから。
お前の人を信じ続ける思いや優しさは、誰かに届いて、そして、(まわ)(まわ)って、お前の(もと)に戻ってくるよ。
気付いた時には、周りは味方でいっぱいになってるはず。

人を信じるってそういうことだと、俺は思ってる。
知らず知らずのうちに、どんどん味方が増えていくから、不安に思うことなんてないんだよ。
泣くことなんてないんだよ。

…いい?

ちなみに、お前の1番の味方は俺だからな。
これだけは誰にも譲らない。

お前は自分の信じた道を全力で進んでいって。
俺はそんなお前が大好き。